借入条件に注目!

ローンでの借り入れ条件とは、融資を受けることができる条件となります。申し込み時点での年齢や、完済時の年齢、年収や職業、勤続年数など多岐にわたる条件が設定されていることもあります。借入条件が多いローンは「申し込みにくそう。」「借りるのが難しそう。」と心配になるものですが、実は申し込みができる条件を満たしていればそれほど不安を感じる必要はないのです。
逆に年収条件などがあるローンでは、同様のローンの中でも低金利で提供されていることも多く、利用後は使いやすいということもできるでしょう。ただし、明確に前年度の年収200万円以上と書かれている場合なら、申し込みできるということも分かりやすいです。中には「当社基準の年収条件を満たす方。」と書かれている場合もあり、これではいくら以上なら利用できるのかは申し込み前には分かりません。とにかく条件の数値は明らかではなくても、ローンスペックを比較してみて、「このローンを利用したい。」と思ったら申し込みをしてみるということになるでしょう。
まず申し込みをしたいローンを見つけたら、その条件を最初に確認しておきましょう。どれほど利用したいと思っても、条件を満たしていないと申し込みをすることさえできません。年齢条件などは何ともできないものですから、満たしていない場合は諦めて別のローンを探すしかないのです。
もちろん条件を満たしていれば誰でも借りられるというわけではありません。条件を満たしていることを前提に、そこから返済能力などを審査されて借入できるかどうかが決まるのです。例えば、規定されている年収をはるかに超えた年収があっても、過去に延滞した履歴が残っている場合は、審査に通る事は難しいのです。
ローン審査は申し込みをする方をトータルで判断していくものです。年収が大きいから大丈夫、持ち家だから審査に通るといったように一点だけで決まるものではありません。逆に一つでも延滞履歴のように、のちのローン利用に影響を及ぼしそうな問題点があれば、それは審査に通らない原因となるものです。自分が申し込みをしたいローンと、実際に利用できるローンにはどうしても違いが出てしまうこともあります。その中でも、少しでも使いやすく感じられるローンを選ぶためにも、たくさんのローンを比較したほうがいいのは言うまでもありません。

オリックス銀行カードローンならATM利用手数料無料

オリックス銀行カードローンなら大口融資であっても通常返済と同じように随時返済も可能です。
返済時に自由度がある、それがオリックス銀行カードローンの特徴でもあります。
口座引き落としの金額でさえ約定返済額以上にすることもできます。
もちろんオリックス銀行カードローンの指定口座への振り込みによる入金、提携ATMからの返済もいつでも行うことができます。
それではオリックス銀行カードローンの返済についてみていきましょう。
返済方法は3つあります。
・口座引き落とし
・オリックス銀行カードローン指定の口座への振り込みによる返済
・提携金融機関ATMからの返済
それではそれぞれの返済方法についてご説明していきましょう。
「口座引き落とし」
口座引き落としを希望する場合には事前に登録口座へ登録をしておかなくてはなりません。
ただし口座引き落としに対応していない銀行もありますので確認をしておきましょう。
・ゆうちょ銀行
・商工中金
・オリックス銀行
・農林中央金庫
・セブン銀行、イオン銀行、楽天銀行などのネット系銀行
・シティバンク銀行などの外資系銀行
オリックス銀行カードローンでありながらオリックス銀行が口座引き落としに対応できないとは驚かれることでしょう。
口座引き落としは基本の返済方法です。
自分が返済に使いたい銀行口座が対応しているのか確認しておきましょう。
「オリックス銀行カードローン指定の銀行口座への振り込みによる返済」
指定の銀行口座は返済専用口座として実は個別に異なるものとなっています。
そのため返済専用口座は会員ページとなるメンバーズナビから確認をしましょう。
振り込み手数料はもちろん自己負担です。
他行間への振り込み、カードではなく現金での振り込み、時間外の対応など悪条件が重なれば千円近い振込手数料がかかることもあります。
気をつけなければ無駄な出費を重ねることにもなりかねませんので気をつけていきましょう。
「提携ATMからの返済」
オリックス銀行カードローンで発行されたカードを使って提携ATMから返済ができます。
提携ATMからの返済の大きな特徴は2つあります。
ひとつは借り入れも返済も全ての提携ATMが手数料無料であること。
もうひとつが提携ATMの種類が他行と比べても格段に多いことです。
利用できる提携ATMはこちらになります。
・三菱東京UFJ銀行
・三井住友銀行
・西日本シティ銀行
・ゆうちょ銀行
・セブン銀行ATM
・コンビニATM E-net
・ローソンATM
・イオン銀行
主要コンビニはもちろんのこと、大手都市銀行から日本全国にあるゆうちょ銀行まで手数料無料で利用ができます。
また、口座引き落とし、振り込み、提携ATMからの返済のすべてで随時返済が可能です。
返済日以外にも積極的に返済をすることで元金を考えた返済ができるようになるでしょう。
返済額は借入残高によって変動します。
30万円以下 7,000円
30万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超150万円以下 30,000円
150万円超200万円以下 35,000円
200万円超250万円以下 40,000円
250万円超300万円以下 45,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円
500万円超600万円以下 70,000円
600万円超 80,000円
返済をして残高が少なくなると毎月の返済額も負担が小さくなります。
決められた返済額だけでは返済が長期化してしまいさらには利息の支払額も大きくなります。
そのため随時返済を利用しながら元金を減らしていくことに努めましょう。